相手のコートに一直線に突き刺さるような強烈なスマッシュ!バックダウンダリーラインぎりぎりに落ちるハイクリア―!得点につなげられる制度の高いプッシュ!などなど・・・、国内でもトップレベルのバドミントンテクニックが10回の練習プログラムで身に付けられるとしたらあなたも試してみたいと思いませんか?

勝利するためのテクニック ~其の3~

ショートサービスを打たれた時の対処A

シングルス戦ではラリーポイント時にショートサービスを使用することが多くなってきます。

その際に、どこに返球するのが最も有効なのかを見ていくことにしましょう。

ショートサービスを打ってきたときは、バックハンドで返球することが基本です。

このときの狙いは、相手のネット際に落とすか、バックバウンダリーラインまで打ち込み、相手の動きをいかに封じ込めるのかが大きなポイントとなります。

コートの奥まで追い込んだ場合、相手はやや体勢を崩したまま返球しなくてはなりませんので、その後の動きが遅くなり、相手は次のシャトルに備えにくくなります。

ということは、こちら側にとってはポイントに繋がるショットへの布石を打っている ということになりますので、ショートサービス後の狙いは、利き腕側のコート奥このパターンがゲームを有利に進めるために非常に有効だと言えるでしょう。

バドミントンの試合に勝ちたいならコチラをクリック!

インデックス

勝利するためのテクニック

当サイトについて