相手のコートに一直線に突き刺さるような強烈なスマッシュ!バックダウンダリーラインぎりぎりに落ちるハイクリア―!得点につなげられる制度の高いプッシュ!などなど・・・、国内でもトップレベルのバドミントンテクニックが10回の練習プログラムで身に付けられるとしたらあなたも試してみたいと思いませんか?

勝利するためのテクニック ~其の2~

ロングハイサービスを打たれた時の対処B

2つ目のテクニックは、同じようにロングハイサービスを打たれたときに有効になる返球箇所です。

これはズバリ、相手の体付近を狙うということです。

とはいっても、どこでも良いというわけではありません。

体付近であっても相手にとって、打ち返しやすいところと、打ち返しにくいところがあります。

ですので、狙いは最も打ち返しにくい部分の「利き腕とは逆の脇腹から胴にかけてのエリア」です。

ここは、バックハンドでも取りづらいエリアなので、積極的に狙っていきましょう。

特に、利き腕とは逆の体のそばに早い返球が来るとグリップを持ちかえにくく、その時間もあまりないため、シャトルを当てるのがやっと・・という具合になりやすいです。

ということは、打ち返せたとしても返球が甘くなってしまい、こちら側とすればポイントに繋がるショットを打ちやすくなると言えます。

ですので、狙う場所は利き腕とは逆の体付近がもっとも有効になります。

バドミントンの試合に勝ちたいならコチラをクリック!

インデックス

勝利するためのテクニック

当サイトについて