相手のコートに一直線に突き刺さるような強烈なスマッシュ!バックダウンダリーラインぎりぎりに落ちるハイクリア―!得点につなげられる制度の高いプッシュ!などなど・・・、国内でもトップレベルのバドミントンテクニックが10回の練習プログラムで身に付けられるとしたらあなたも試してみたいと思いませんか?

勝利するためのテクニック ~其の1~

ロングハイサービスを打たれた時の対処A

まず一つ目のテクニックは、相手のサービスを受ける際のポイントについてです。

サービスを打ち返す際に、ただ何となく返していては、いつまでたっても得点には繋がりません。逆に、相手にとって有利な状況を作ってしまいポイントを取られてしまうことにもなりかねないのです。

そうならないためにも、意識して返球する必要があります。

返球の際に最も重要なことは、相手にとって「打ち返しにくいところ」に打つということ。
当り前のことがですが、これを意識して出来ている選手は非常に少ないのです。

では、具体的にどこを狙えばいいのでしょうか?

それは、【利き腕とは逆のコート奥】です。

ここを狙う理由は、相手をコート奥で体勢を崩すことができ返球が甘くなる可能性が高くなるからです。

利き腕側のコートに返せばスマッシュで返球される可能性がありますが、逆側のコート奥を狙うことにより相手の体勢が崩れ、その後の試合展開に雲泥の差が生まれます。

こちら側からすれば、右に返球するか、左に返球するかで、その後の動きが大きく変わってしまいますので、基本的にロングハイサーブを打ってこられたら利き腕とは逆のコート奥を狙っていくことが必勝パターンの一つになります。

バドミントンの試合に勝ちたいならコチラをクリック!

インデックス

勝利するためのテクニック

当サイトについて